データチェック対象外

プリソルでは、ご注文いただいたデータが印刷可能かどうかのみ確認をしています。印刷物をきれいに仕上げるために、初めてご注文される方、データ作成に不慣れな方は、今一度、下記項目をご一読ください。

データチェック対象外
  • カラーモード
  • 塗り足し
  • 文字切れ
  • 断裁ズレが目立つデザイン
  • 色濃度の設定
  • 仕上がり線について
  • 折加工、筋入れ、ミシン目、穴あけなどの加工指示について
  • K100の透け
  • オーバープリント
  • 特殊効果と透明機能
  • 天地の指定
  • 小さな文字とヘアライン
  • 加工に重なる文字
  • 加工ズレが目立つデザイン
  • 特色について

データチェック対象外による印刷トラブルについては、いかなる結果が生じましてもやり直し、ご返金の対象外となります。

カラーモード

ご注文データがRGBで作られていた場合、印刷するとCMYKで表現できる範囲の近似色に置き換えられ、全体的にくすんだ色で仕上がります。

RGB

CMYK

印刷はCMYKの4色で再現いたしますので、ご注文データはCMYKで作成してください。
詳しくはRGBとCMYKの違いをご覧ください。

塗り足し

原稿サイズの端(断ち仕上げの位置)まで印刷イメージがある場合は、必ず3mmの塗り足しを作成してください。断裁時にズレが生じるため塗り足しが無い場合、断裁時に用紙の端に白い紙色が出てしまう場合があります。

詳しくは塗り足しをご覧ください。

文字切れ

断裁の際に切れては困る文字やロゴ等は、断裁線(仕上がりサイズ)ギリギリにレイアウトされますと、文字やデザインが切れてしまうことがあります。

詳しくは文字切れをご覧ください。

断裁ズレが目立つデザイン

仕上がり線の内側の1〜2mmに枠(フレーム)のあるデザインは、断裁のズレが目立ちやすくなります。

詳しくは断裁ズレをご覧ください。

色濃度の設定

CMYKの総数が250%以上の場合などは、裏移り(うらうつり)が発生する可能性があります。

詳しくは裏移りとはをご覧ください。

仕上がり線について

下記のように仕上り位置を実線にて設定されますと、印刷した際にその線が印刷されてしまいます。また、断裁時の若干のズレにより線が見える部分と見えない部分がでてきてしまう恐れがあります。

詳しくはガイド作成(Illustrator)ガイド作成(Photoshop)をご覧ください。

折り加工、筋入れ、ミシン目、穴あけなどの加工について

パスや実線で作成されている場合、弊社ではそのまま印刷させていただきますのでご注意下さい。

詳しくはガイド作成(Illustrator)ガイド作成(Photoshop)をご覧ください。

K100%の透け

K100%のオブジェクトは、自動的にすべてオーバープリント処理がされます。
下に配置しているカラーの上にK100%を重ねて印刷するので、前面にある色と背面にある色が混ざり、 黒の背景が 透けてしまうという現象が起こります。

詳しくはスミベタとリッチブラックをご覧ください。

オーバープリント

K100%のオーバープリントのデータは、オブジェクトが消えたり色が変わるなど、印刷の出力結果がお客様のイメージと異なる場合があります。

詳しくはオーバープリントについてをご覧ください。

特殊効果と透明機能

特殊効果機能(透明/ドロップシャドウなど)を使用している場合、正常に印刷されない可能性があります。

  • 透明、ドロップシャドウ、ぼかしなどの機能を使用した場合
  • Photoshop上で背景を一部、透明化(消去)しているpsd
  • pngデータを使用した場合
  • 透明化されている画像などを埋め込んでいる場合

詳しくは特殊効果・透明機能を使用する場合をご覧ください。

天地の指定

注文していただいたデータに天地の指定がない場合は、プリソル基準の天地に合わせて印刷させていただきます。

詳しくは天地の指定をご覧ください。

小さな文字とへアライン

小さな文字、薄く細い線、ヘアライン設定は、うまく出力されません。
文字がつぶれる、印刷時にかすれる、濃度や角度によってほとんど見えない場合があります。

詳しくは印刷されない線/ヘアラインをご覧ください。

加工に重なる文字

折り加工や冊子など、加工に重なる位置に文字がある場合、読みづらくなる場合がございます。

加工のズレが目立つデザイン

折や筋入れ、中綴じ製本など、全ての加工はわずかなズレが生じます。
加工位置より色が大きく変わるデザインは、ズレが目立ちやすくなる場合がございます。

特色について

プリソルでは「CMYK」にてカラーの取り扱いをしておりますので、特色でデータを作成されてる場合はすべての特色カラーをCMYKに変換してくださいますようお願い致します。
特色の指定のまま印刷した場合に、色が無くなってしまうなどエラーの原因となりますので、必ずCMYKにご変換下さい。