文字切れ・塗り足しについて

印刷後、ご希望のサイズに断裁いたしますが、断裁時のわずかなズレが生じます。
塗り足しがなかったり、断裁位置付近に文字が配置されている場合、紙の地の色が見えてしまったり、文字が切れてしまう可能性がございます。

文字のレイアウト位置(文字切れ)
仕上がりサイズより3mm内側に配置してください。

塗り足し
仕上がりサイズより3mm外側に配置してください。

文字切れガイドラインを作成

データは、仕上がりサイズ+6mmで作成してください。
上下左右3mmは、塗り足し部分となります。

A6サイズ(100×148の場合)

水平方向:6mm(上)
水平方向:148mm(下)
垂直方向:6mm(左)
垂直方向:100mm(右)

 

文字切れについて

断裁の際に切れては困る文字やロゴ等は、断裁位置(仕上がりサイズ)より内側3mm以内に配置してください。断裁位置(仕上がりサイズ)ギリギリにレイアウトされますと、断裁時に文字やデザインが切れてしまうことがあります。

塗り足しについて

塗り足しがない場合、断裁の際に少しでもズレてしまうと紙の色が出てしまいます。
背景は必ず、上下左右3mm外側まで伸ばしてください。
(データチェック対象外とさせていただきます)

枠のあるデザインについて

印刷後、ご希望のサイズに断裁いたしますが、機械や紙の性質上わずかなズレが生じます。
枠が、仕上がり線内側の1〜2mmで作成されているデザインは、断裁のズレが目立ちやすくなります。
枠のデザインは仕上がり線内側3mm以上にしていただくことを推奨致します。
(データチェック、刷り直し対象外とさせていただきます)

断裁が少しでもズレてしまうと、幅が均等でなくなってしまいます。